FC2ブログ

イングリッシュ★多読な日々

何を思ったか20年ぶりに頑張る気になった、超初心者英語の記録。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPYL4 ≫ 『The Naughtiest Girl』少々YL上げました。

『The Naughtiest Girl』少々YL上げました。

  にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


結構はまって読んでいる『The Naughtiest Girl』5巻目

主人公Elizabethの男前ぶりにほれ込んでいる。(女子なのに・・・

最近YL4辺りの多読を始めて

このシリーズは提示してあるYL3.5~4.5より高いように感じている。

そこで多読王国のレビューのYLを3.8→4.2に変更した。

だからって何なの???って思うけど・・・

やはりレビューを読んでくれる人の参考になるべきものなので

あえて訂正した。

今回読んだ『The Naughtiest Girl Keeps a Secret』は

自分の立場がどんなに悪くなっても

友人との約束を守り通すといったお話

Elizabethの周りには色んなトラブルが巻き起こるけど

絶対に信念を曲げず本当に読んだ後はスカッとするシリーズだ。

私のレベルでは単語がわからないものが出てくる頻度が多いので

YL4辺りの他の作品何冊か読んでから読むといいかも

YL4.2 30000語 ★★★★★





スポンサーサイト



Comment

おもしろそう!
編集
レモンさん こんにちは

「The Naughtiest Girl Keeps a Secret」、、、
タイトルからして、おもしろそうですね。

naughtiest と最上級のところが気に入りました。
どこまでお転婆だったのでしょう、エリザベスちゃんは?

1940年代にイギリスの女流作家イーニッド・
ブライトンの書いたNaughtiest Girl seriesの続編
を2000年前後にAnne Digbyが書いているのですね。

レモンさんの記事を拝見していらら、私も読んでみたく
なりました。
2011年08月29日(Mon) 16:33
編集
とは言ってもYL4.0って結構難しいですよね^^
凄いですね、どんどん語数を重ねていけて。
自分は230万で止まってしまってるので
直ぐ抜かれちゃいますね
2011年08月30日(Tue) 11:21
編集
karinさん

こんにちは♪
そうなんです、最上級のおてんばだったのです。
おてんばにも理由があって
仲間をかばったり、仲間のためにやったことが
大問題に発展パターンです。
5巻まで読んでくると話の展開もわかってくるのですが
それでも楽しいシリーズです。
原作が1940年代を舞台にしているのですが
古さが全く感じられない作品ですね。

元気の出てくるシリーズなのでkarinさんもオススメします♪
2011年08月30日(Tue) 16:45
編集
せどリッシュさん

私・・・ちょっと〆切が迫っているので
こんなこと考えている場合じゃないんですけれど・・・

またまた、英語に対しての悩みが勃発しております。
・・・と、言うのは最近YL4を読めることはすごく嬉しいし楽しいのですが
読めてはいるけれど・・・
長年の人生経験から来る予測が結構できるようになっていて
読み進められているんじゃないのかと思っているのです。
文章を読んでもなんとなく並んでいる単語から推測して読み進めてる感じがするのです。
この文はこう言う構文からきて文法がどうなってなんて全く考え及ばずに読み進めている感じがするのです。
それはそれでいいのかもしれませんが・・・
要するに多読はドンドン進んでいるのですが、その本の内容の1文、1文がクリアにわかって読んでいるのではないというか・・・
この説明でわかりますか???

こう言うときはやはり精読の訓練が必要なのではないかと考えているんですね。
でも、今進行しているGrammar,音読ドリル、Re-Startをこなしていくのも
結構、時間的に相当工夫をしないと捻出できません。
次から次へと新しいものに飛びつくのもよくよく考えないといけませんし・・・

なんだか、最近悩める乙女じゃなくっておばさんなんですが・・・
ホント、頭のなかグルグルです。
2011年08月30日(Tue) 17:00
編集
わかりますよ。
推測読みで不安になるのは自分も経験ありますが、
僕は1文をしっかり理解したい派なので
次々に読み進められず挫折しています。

でも挫折しないで進められればオーケーだと思います。
レベルアップした後再読すれば理解が深まるので
今読んでるのが無駄にはならないからです。

予測力は結構大事ですし、
今後されるであろう
英英辞書学習にも必要になる能力です。
今から慣れていると楽かもですね。

個人的にはGrammarかRe-start、
片方でいいと思います。
Intermediateは上級だったと思いますが、
はっきり言ってレベルを下げたほうが良いかと。

僕は未だに一個下の青い奴使ってます。

僕はTOEICの文法80%以上正解してますし
TOEIC900点まで使えると言ってる人もいます。

Re-startで基礎、Intermediateで応用を、
と考えるのであれば1冊ずつ順番にやるか、

Forest買って全範囲を1冊でやるかの方が
時間的にもレベル的にもベストかと。

精読は自分の記事にお勧め書いたので
教材を絞って時間が空き
挑戦したいなと思ったら参考にしてください。

自分は多読で煮詰まったらいったん辞めて
精読学習をして一区切り付いたら
再開するようにしてます。
だからあんまり語数が伸びないんだけど^^

最初は本当に苦しい、というか
学習方法に迷いが出ると思います。

頑張りましょう。
2011年09月01日(Thu) 02:20
編集
すんません
今確認したら青いのもintermediateでしたね。
basicかと思ってました。。。

それと記事並みの長文失礼しました 笑
2011年09月01日(Thu) 02:26
編集
せどリッシュさん

本当にありがとうございます。
なんせ20年以上もブランクありまして
おまけに独学ですから、相当迷走をしております。
いつも的確なアドバイスありがとうございます。

Re-Startは1度やったのですが、
今年、英語を始めて一番先に始めた教材です。
その次のAll in Oneをやろうともう一度確認のためにやっているのですが
なんだか忘れていることの方が多いですね。
定着率悪すぎです。
確かにGrammarと同時にしなくてもいいかもしれません。
Grammarは説明も全て英語なんですが、Re-Startの説明よりよくわかるのってどうしてなんでしょうか?
日本語の方が全然わからないときがあります。(汗)

Forestも実は我が家には2冊あります。
娘が学校で使っていたものと今、息子が学校で使っているものです。
早速、娘のものを取り出して文法チェックをしたいと思います。
ホント、まともに勉強しようと思ったら一日24時間ではとても足りませんね。

話は変わりますが、夕べもせどリッシュさんのブログにお邪魔してコウイチ君と発音してきました(笑)
おまけに工藤夕貴の本まで注文してしまいましたわ。
そのうち発音も女優並みになるかもしれません♪
2011年09月01日(Thu) 11:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

レモン

Author:レモン
読めない・しゃべれない・頑張れない・・・・ないないだらけの英語を克服するべく、ブログで記録することを決意。超~~初心者レモンの英語の記録。
2010.10 ぼちぼち英語学習開始♪
2011.1. 4 ブログ開始♪
2011.1.24 多読10万語達成
2011.2.27 多読30万語達成
2011.3.26 多読50万語達成
2011.4. 9 多読70万語達成
2011.5.15 多読100万語達成
2011.7.19 多読150万語達成
2011.9.21 多読200万語達成

★第163回TOEIC公開テスト
 2011.6.26
 400点(L/225 R/175)
 色んな意味で悔しい結果
★第168回TOEIC公開テスト
 2012.1.29
 400点(L/225 R/175)
 進歩のなさに呆れる
★第170回TOEIC公開テスト
 2012.5.27
 450点(L/250 R/200)
 ほんのちょっと進歩
★第188回TOEIC公開テスト
 2014.3.16
 510点(L/285 R/225)
 少し進歩
★第191回TOEIC公開テスト
 2014.6.22
 470点(L/280 R/190)
 自分にムカつく!!
★第196回TOEIC公開テスト
 2014.12.13
 590点(L/350 R/240)
 120点UPでも満足できない。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
42位
アクセスランキングを見る>>
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ