イングリッシュ★多読な日々

何を思ったか20年ぶりに頑張る気になった、超初心者英語の記録。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPフレンズ1-1 ≫ フレンズ1 第1話(22/23)

フレンズ1 第1話(22/23)

長いようで・・・短いと言いたいところだが・・・長く大変だったのだ。
スクリプトチェックも第1話はこれを入れて後二つ~~♪
なのに・・・煮え切らないロスの回りくどい言い方が私を悩ます。
モニカが先に自分の部屋に入ってロスとレイチェルが二人っきりになる場面から・・・

R : Mmm. Oh, no-
Ra : Sorry-
R : No no no, go-
Ra : No, you have it, really, I don't want it-
いいのよ。あなたが食べて、本当に私はいいから・・・
R : Split it?
分ける?
Ra : Okay.
R : Okay. (THEY SPLIT IT) You know you probably didn't know this,
君は多分このことは知らないと思うけど
but back in high school, I had a, um, major crush on you.
高校時代に僕は・・・その・・君に片想いだったんだ。
crush on = 片想い・・・前回21回目で詳しく説明
Ra : I knew.
知っていたわよ
R : You did! Oh.... I always figured you just thought I was Monica's geeky older brother.
そうなの!! で・・・僕はいつも思って(予測して)いたんだけど、
君はひょっとして、僕をモニカの変な兄貴だと思っていたんじゃない?
Ra : I did.
その通りよ
R : Oh. Listen,
do you think- and try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor here-
僕の(精神的な)脆さが(ロスの誘いに対するレイチェルの返事に)何の影響も与えなければ良いんだけど…
字幕:僕は繊細だけれど気にせず答えて
intense vulnerability=熱烈な、傷つきやすさ→ひどくもろい、ひどく傷つきやすい、繊細
直訳:僕の繊細さをココにある、あらゆる性格ののせいにさせようとはしないよね。(意味不明)
自分のシャイな繊細な精神状態を持ち出し、同情を引いてレイチェルをデートに誘っている感じか?

↑の文章の意味はまたまたコメントで助けていただき頭の中がクリアになってきた♪
try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor hereの意味
ポイントは4つ
①「try not to 動詞」=「~しないようにする」というイディオム。
②letは使役動詞で「let+目的語+原形不定詞(動詞の原形)」の形で
「(目的語に)~させる」という使い方をする。
ここでは、目的語は、my intense vulnerabilityで原型不定詞句が
become any kind of a factor here
③any kind of→ここのanyは「どんな~でも」とか「あらゆる」といった意味
④here→この文章では、hereはまさにレイチェルとロスの会話中のこの状態を指す
よって、直訳:「僕のひどくもろい繊細さが、ここではあらゆる種類の要因とならないようにしてね。」

直訳を踏まえた意訳:「僕はひどく繊細だけど、それがこれからの質問に対する答えの要因になって欲しくないんだけどさ、」

ここの部分かなり難解である。
要するにこれからレイチェルに告白をしたいロスは事前に脈があるかないかを確認している様子。
まずは自分はひどく繊細で傷つきやすいと言っておき、それでもはっきりYes、Noを聞きたいからモニカの兄であること、繊細であること等を考慮せずに言ってくれても構わないと言っている場面。
気にせず言ってくれと言っている割にグチグチと回りくどいことを言っているような気がするが、
それがロスの性格でもあるのだろう。

but do you think it would be okay if I asked you out? Sometime? Maybe?
(状態が)よくなったら、君を誘ってもいいかな?いつか?多分なんだけど・・・
『it would be okay if I asked you out』=仮定法、ここのitはI asked you outを指す。
「デートに誘うのはありかな?」位の意味

Ra : Yeah, maybe...
ええ、いいわよ。
R : Okay... okay, maybe I will...
そっか、じゃあ、いつか必ず(誘うよ)・・・
Ra : Goodnight.
R : Goodnight.
M : See ya.... Waitwait, what's with you?
待って・・何かあった?
R : I just grabbed a spoon. (EXIT Ross)
僕はちょうどスプーンを掴んだのさ。
レイチェルに少し脈ありと思ったロスがモニカに言った一言

にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
R : Oh. Listen,
do you think- and try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor here-

この文章の構造は、2ステップあると思います。

まず、do you thinkで、but do you think it would be okay if I asked you out? Sometime? とデートに誘ってもいいかな?と聞こうとしたんだけど、and try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor hereと命令形で一呼吸入れています。

そして、try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor hereです。ポイントは4つ。

1つ目は、「try not to 動詞」は、「~しないようにする」というイディオム。

2つ目は、letは使役動詞で「let+目的語+原形不定詞(動詞の原形)」の
形で「(目的語に)~させる」という使い方をします。
http://www.englishcafe.jp/english/day45.html
ここでは、目的語は、my intense vulnerabilityで原型不定詞句がbecome any kind of a factor hereです。

3つ目は、any kind of。ここのanyは「どんな~でも」とか「あらゆる」といった意味です。

4つ目は、here。この文章では、hereはまさにレイチェルとロスの会話中のこの状態を指しています。

よって、try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor hereの意味は、
直訳:「僕のひどくもろい繊細さが、ここではあらゆる種類の要因とならないようにしてね。」

直訳を踏まえた意訳:「僕はひどく繊細だけど、それがこれからの質問に対する答えの要因になって欲しくないんだけどさ、」

字数制限のある字幕:「僕は繊細だけれど気にせず答えて」
となるかと。

ロスは「昔好きだった(今もそうだけど)。で、今度デートに誘ってもいいかな」って言いたいんだけど、断られたくないのもあって、繊細だってことをわざわざアピールしてるんでしょうね。


it would be okay if I asked you out?

仮定法です。ここのitはI asked you outをさしています。「デートに誘うのはありかな?」位の意味です。


ここ、難しいですよね。コメント作成に1時間かかっちゃった^^;
2012年08月26日(Sun) 00:27
訂正
編集
すいません、letは使役動詞って書いたけど、私の直訳は、ロングマンの2つ目の意味「to not stop something happening」に近いですね。

ビートルズのlet it beもこれの意味だった気がします。
2012年08月26日(Sun) 00:38
私も・・・
編集
毎度すみませんmuramasaさん。。。
記事をアップする時になんだか迷惑かけちゃうんじゃないかな?って思っていましたが
もう能力の限界を感じてしまって・・・
コメント1時間ですか~~ですよね。
私も理解に40分、記事追記に1時間です(笑)
ここの部分本当に難解ですね。
こういう作業をしているから文法が必要だと感じているし
やはり何を根拠にこんな会話をしているかをくみ取るのは何度もDVDを見ないことにはわからないことです。
早いところ迷惑かけず、なるほど~~と思ってもらえるような解釈をお見せしたいものですね。
いつもありがとうございます。
2012年08月27日(Mon) 00:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

レモン

Author:レモン
読めない・しゃべれない・頑張れない・・・・ないないだらけの英語を克服するべく、ブログで記録することを決意。超~~初心者レモンの英語の記録。
2010.10 ぼちぼち英語学習開始♪
2011.1. 4 ブログ開始♪
2011.1.24 多読10万語達成
2011.2.27 多読30万語達成
2011.3.26 多読50万語達成
2011.4. 9 多読70万語達成
2011.5.15 多読100万語達成
2011.7.19 多読150万語達成
2011.9.21 多読200万語達成

★第163回TOEIC公開テスト
 2011.6.26
 400点(L/225 R/175)
 色んな意味で悔しい結果
★第168回TOEIC公開テスト
 2012.1.29
 400点(L/225 R/175)
 進歩のなさに呆れる
★第170回TOEIC公開テスト
 2012.5.27
 450点(L/250 R/200)
 ほんのちょっと進歩
★第188回TOEIC公開テスト
 2014.3.16
 510点(L/285 R/225)
 少し進歩
★第191回TOEIC公開テスト
 2014.6.22
 470点(L/280 R/190)
 自分にムカつく!!
★第196回TOEIC公開テスト
 2014.12.13
 590点(L/350 R/240)
 120点UPでも満足できない。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
52位
アクセスランキングを見る>>
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ