イングリッシュ★多読な日々

何を思ったか20年ぶりに頑張る気になった、超初心者英語の記録。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPフレンズ1-2 ≫ フレンズ1 第2話(2/19)

フレンズ1 第2話(2/19)

ロスが博物館で同僚のマーサと展示方法について意見を交わしている
R: No, it's good, it is good,
いや、いいんじゃない、いいよ・・・
it's just that- mm- doesn't she seem a little angry?
ただ、彼女(洞窟のマネキン)ちょっと起こっている感じだよね。
Ma: Well, she has issues .
ええ、そうよ。彼女ケンカ中だもの。
issue=a subject or problem that is often discussed or argued about,
especially a social or political matter that affects the interests of a lot of people

R: Does she.
そうなんだ。
M: He's out banging other women over the head with a club,
彼は外で他の女の頭をコンボで殴って事に及んでいる
while she sits at home trying to get the mastodon smell out of the carpet!
その間に、彼女(妻)は家でマスタドンの匂いがついたカーペットを落としていたんだから!カーペットからマストドンの匂いを落としていたんだから
mastodon=prehistoric elephant-like animal 恐竜でマンモスに似ているがマンモスではないらしい
アメリカでは原始人の男は女性の頭をこん棒で殴って気絶させて、
洞窟に引きずって事に及ぶと信じている人が多いらしい。

ここでマーシャが展示している女性のマネキンが怒っているように見えるのは
自分が家で仕事をしているすきに男が外で他の女と事に及んでいることに腹を立てているから
怒っているような展示にしたんだと言っている。

R: Marsha, these are cave people. Okay?
マーシャ、これらは洞窟の人(マネキン)なんだよ。いい?
They have issues like 'Gee, that glacier 's getting kinda close.' See?
彼らのケンカって言っても「ああ・・氷河が近づいてきているぞ。」くらいだろ?
M: Speaking of issues, isn't that your ex-wife?
ケンカといえば、あなたの元妻じゃない?
Speaking of ~=~と言えば
ex-wife=元妻、前妻

(CAROL HAS ENTERED BEHIND THEM, OUTSIDE THE EXHIBIT)
キャロルが彼らの後ろから入ってきて、展示の外に立っている
R: (TRYING TO IGNORE HER) No. No.
(彼女を無視しようとして)いや、ちがうね。
M: Yes, it is. Carol! Hi!
そうよ、彼女よ。キャロル!元気!
R: Okay, okay, yes, it is.
わかった、わかった、その通り彼女(元妻)だ。
How about I'll, uh, catch up with you in the Ice Age.
氷河期で落ち合おう、あとで行くよ。
catch up with=追いつく
マーシャと博物館の展示をしていたところにキャロルが何やら用事でやってきたので
とりあえず、仕事中とは言え、話をするため、
同僚のマーシャを先に次の展示(氷河期)に行ってもらうように促した一言。


にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
issueは広い概念なので、英英で覚えた方が応用がきくかも。
ロングマンによれば、
a subject or problem that is often discussed or argued about, especially a social or political matter that affects the interests of a lot of people
とあります。

私は「subject or problem」って覚えています。
喧嘩は訳として覚えるにはピンポイントすぎる気がします。
2012年08月30日(Thu) 19:46
そうですね。
編集
今、追記しておきました。
ありがとうございます。
確かにケンカだとピンポイントすぎますよね。
「subject or problem」は覚えやすいですし、
別の文で出てきても選択肢が沢山あってそこから選べる様な気がします。
やっぱり、英英も頑張ってやってみようかな?って思っています。
2012年08月30日(Thu) 22:09
No title
編集
コメント 気に入らなければ消してください。
私はかなり消していますから。(笑)

to get the mastodon smell out of the carpet

カーペットからマストドンの匂いを落とす ではないでしょうか?

---

Speaking of issues,

「課題といえば」、「~の件といえば」と言う感じではないでしょうか?
NHKゴガクル 2012年8月27日から2012年9月2日放送の「入門ビジネス英語」のキーフレーズにissueの話題が出ています。

I'd like to raise an issue.
この件についてみんなで考えられればと思います(問題提起をしたいと思います)。
【解説】
提案をするフレーズ。problem は「ネガティブで厄介なこと」というマイナスイメージを持たれかねません。問題提起をしながらも前向きに話し合いたい場合は、「すぐに取り組むべき事柄」というニュアンスをもつ issue を使いましょう。

とあります。ご参考に。
2012年08月31日(Fri) 20:23
ありがとうございます。
編集
to get the mastodon smell out of the carpet

カーペットからマストドンの匂いを落とす
こちらの方がすっきりしますね。
本文を追記しておきます。

Speaking of issues, の方はドラマの流れから言って、これは妻とぎくしゃくしている状況なんです。
職場の人間にもそれはわかっていて、そこに問題の妻が現れたので発せられた言葉なんです。
ですから・・・『ケンカと言えば』としたわけですが・・・
issuesに対してピンポイント訳がピンポイントすぎるので『問題と言えば』とかにもなるかと思いますが・・・
『課題』はちょっと人間関係から行くと合わないような気がします。
でも解説勉強になりました。
ありがとうございました。
2012年08月31日(Fri) 23:50
issue
編集
issue を日本語にするのは難しいですよね。実際、会社やビジネス書でもイッシューとカタカナで使われることも多いです。

They have issues like 'Gee, that glacier 's getting kinda close.' See?

この場合の原始人の会話はこんな感じでしょうか?

女:あんた氷河期が来るっていうのにどうすんのよ!食料も少ないんだから、遊んでいないでもっと食料を取ってきてよ。
男:そんなもん、来るって言ったってまだ先の話だよ、それより来週末はお客とゴルフだから部屋の模様替えは来春かなあ?

なので女は怒っているのでしょう。
ここで原始人の issue は、氷河期とそれに対する備えってことですかね。

M: Speaking of issues, isn't that your ex-wife?

元妻とまだ未解決の課題(慰謝料とか子供とかでしょうか?あるいは感情的な課題、未練があるとか)を、原始人の解決すべき課題に引っ掛けているのでしょう。

だから、ここでも『「解決すべき課題」と言えば…』が、意味的には一番いいと思います。
でも、こなれた言葉ではない、普段の言葉遣いではないので、日本語にするのは難しいとろですね。
2012年09月01日(Sat) 12:27
難しいです。
編集
日本語にするのは中々難しいですが・・・
アメリカの普通のドラマなので勿論会話も
英語教材向けではないんですね。
ですから・・・色んな含みをもってる会話が多いです。
その当時のアメリカで流行っていたものだったり・・・
到底考えが及ばないことを想定して会話が進んでいくときもあります。
ここの元妻との関係も相当複雑で・・・
これがドラマを面白くしている部分もあるんですが、
およそ平凡な生活をしている私にとっては想像がつきませんでした(笑)
ブログでアップすることはひとつは再確認です。
一通り確認はしましたが、ブログにアップするとなると私の能力を超えて頑張らねばなりません。
そして、こうやって色々なご意見をいただくことができるので
自分の凝り固まった頭を柔らかくしてもらえることができます。
感謝、感謝です。
2012年09月02日(Sun) 20:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

レモン

Author:レモン
読めない・しゃべれない・頑張れない・・・・ないないだらけの英語を克服するべく、ブログで記録することを決意。超~~初心者レモンの英語の記録。
2010.10 ぼちぼち英語学習開始♪
2011.1. 4 ブログ開始♪
2011.1.24 多読10万語達成
2011.2.27 多読30万語達成
2011.3.26 多読50万語達成
2011.4. 9 多読70万語達成
2011.5.15 多読100万語達成
2011.7.19 多読150万語達成
2011.9.21 多読200万語達成

★第163回TOEIC公開テスト
 2011.6.26
 400点(L/225 R/175)
 色んな意味で悔しい結果
★第168回TOEIC公開テスト
 2012.1.29
 400点(L/225 R/175)
 進歩のなさに呆れる
★第170回TOEIC公開テスト
 2012.5.27
 450点(L/250 R/200)
 ほんのちょっと進歩
★第188回TOEIC公開テスト
 2014.3.16
 510点(L/285 R/225)
 少し進歩
★第191回TOEIC公開テスト
 2014.6.22
 470点(L/280 R/190)
 自分にムカつく!!
★第196回TOEIC公開テスト
 2014.12.13
 590点(L/350 R/240)
 120点UPでも満足できない。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
43位
アクセスランキングを見る>>
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ