イングリッシュ★多読な日々

何を思ったか20年ぶりに頑張る気になった、超初心者英語の記録。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPオンライン ≫ 初めの挨拶でTeacherにもご機嫌伺いをする。

初めの挨拶でTeacherにもご機嫌伺いをする。

オンラインで初めのご挨拶。
How are you today?とかTeacherは尋ねてくる。
これが時々、変化球で
How have you been?
How's it going?
なんかと言ってくるTeacherもいるわけで・・・・
突然、頭の中にあるHow are you?ではない言葉が聞こえてくると
もう、ここでパニックになる。
しかし、最初のHow~~~~~?なんかは
ご機嫌いかが? 調子はどう?的な
いわば社交辞令的な意味合いである。
そこでI'm fine. I'm good.と返す所に
もう一つ・・・・Thank you for asking me.
「様子を尋ねてくれてありがとう、私のこと心配してくれてありがとう。」の意味をこめて言うと
ちょっと会話が増えるかな???
ここでI'm tired. I'm busy.
とか言っちゃうとWhy?と理由をきかれるので
その後の説明に自信がない人は調子が悪くても
I'm fine. で通すのがいいかも。
毎回ここで挨拶が終わるのも進歩がないので
Teacherのご機嫌伺いをしてみよう。
How about you? より短い
Yourself?  (あなたはいかがですか?)
私は毎回これで通している。
他にもあったら教えて欲しい。
?が付いているから語尾は質問する時と同じで上げる
はじめて使ってみた時に本当にこんな短いので大丈夫?って思ったけれど
大丈夫100%大丈夫
Teacherたちは必ず、「聞いてくれてありがとう。」と言ってから
模範的な回答をしてくれる。
ここはかなり勉強になる。
T: How are you?
Y: I'm fine. Thank you for asking me. Yourself?
T: Oh!! Thank you for asking me. I'm good....................
ってな感じ。

callanコース Stage4 やり直し中
英作文のフルーツフルイングリッシュ  毎日ちょっとずつ

にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

レモン

Author:レモン
読めない・しゃべれない・頑張れない・・・・ないないだらけの英語を克服するべく、ブログで記録することを決意。超~~初心者レモンの英語の記録。
2010.10 ぼちぼち英語学習開始♪
2011.1. 4 ブログ開始♪
2011.1.24 多読10万語達成
2011.2.27 多読30万語達成
2011.3.26 多読50万語達成
2011.4. 9 多読70万語達成
2011.5.15 多読100万語達成
2011.7.19 多読150万語達成
2011.9.21 多読200万語達成

★第163回TOEIC公開テスト
 2011.6.26
 400点(L/225 R/175)
 色んな意味で悔しい結果
★第168回TOEIC公開テスト
 2012.1.29
 400点(L/225 R/175)
 進歩のなさに呆れる
★第170回TOEIC公開テスト
 2012.5.27
 450点(L/250 R/200)
 ほんのちょっと進歩
★第188回TOEIC公開テスト
 2014.3.16
 510点(L/285 R/225)
 少し進歩
★第191回TOEIC公開テスト
 2014.6.22
 470点(L/280 R/190)
 自分にムカつく!!
★第196回TOEIC公開テスト
 2014.12.13
 590点(L/350 R/240)
 120点UPでも満足できない。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
44位
アクセスランキングを見る>>
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ